RegSeekerの使用方法(基本編)

                                                                                 このページでは、通常のレジストリの掃除方法を説明します。

1.RegSeekerを起動し、左側にある「レジストリの掃除」の部分をクリックします。

                          KIHON255_1.JPG - 61,336BYTES

2.掃除をしたい部分のチェックボックスにチェックを入れて、GO!を押すとスキャンを開始します。

3.スキャンが終了すると、このようになります。

                            KIHON255_2.JPG - 73,862BYTES

  ここで気をつけなければならないのは、RegSeekerで検出されたレジストリは、必ずしも全てが削除しても安全

  であるとは限らないことです。

  (1)検出された項目をすべて削除する場合

    @画面下にある「選択」をクリックし、続いて「全て選択」の部分をクリックします。すると、選択された項目が黄色くなります。

                           KIHON255_3.JPG - 164,708BYTES

    A画面下の「アクション」をクリックします。続いて、「選択アイテムを削除」をクリックすると、全ての選択項目は削除されます。

 (2)任意に選択して削除する場合

    @削除したいレジストリをクリックします。すると、選択されたレジストリが黄色くなります。

    A画面下の「アクション」をクリックします。続いて、「選択アイテムを削除」をクリックすると、選択された レジストリが削除されます。

4.「削除の前にバックアップ」の部分にチェックを入れておくと、削除の際に、バックアップ用の.regファイルのファイル名の確認の画面が表示さ

  れます。

                                                  KIHON255_4.JPG - 9,417BYTES

  RegSeeker1.50以降のバージョンでは、任意のファイル名にすることも可能です。

5.レジストリを消去したらRegSeekerを終了し、PCを再起動して不具合がないかどうか、確認して下さい。

TOPに戻る    RegSeekerの使用方法(応用編)    どれを消したらいいの?   RegSeekerでは消せないレジストリ

除外リストを活用しよう      バックアップの戻し方   Q&A

 

                                                                                    Copyright (C) 2006-2016  Regseekerの正しい?使い方 All Rights Reserved